脱毛は美肌には効果ない?諦める前に

脱毛は美肌には効果ない?諦める前にクリニックでの脱毛を体験してみましょう。

エステサロン、医療機関で行える脱毛方法の種類と特徴についてまとめ

   

エステサロン、医療機関で行える脱毛方法の種類と特徴についてまとめていきたいと思います。
 
 <針脱毛>

「ニードル脱毛」とも呼ばれます。医療機関、エステサロンのどちらでも施術できる脱毛方法です。永久脱毛を考えている方には、最も効果が高い脱毛方法となります。針脱毛では、毛一本一本に針を刺し、電流を流し、毛根にダメージを与えます。

針脱毛の最大のメリットは、一度処理した毛穴からは、永久に毛は生えてこないという事です。また、その他のメリットとして、どんな肌色の方にも対応可能で、色素沈着している部分などでも施術可能ということが挙げられます。産毛などの細い毛も処理できます。サロンや医療機関に通う頻度は、毛周期に合わせて、約一か月に一度になります。

針脱毛のデメリットとしては、まず最も問題なのが、毛を一本ずつ処理するため、施術時間が膨大にかかるという事です。特に毛量が多い方などはすべてを針脱毛で行うのはおすすめできません。また、料金が高額になるのも特徴です。TBCなどでは、基本的には一本130円かかります(プランなどを組むと変わってきますが)

大きなデメリットのもう一つは、施術の際非常に痛みを伴う点です。「痛いのが苦手!」という方は避けた方が良いでしょう。

<光脱毛>

「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます。エステサロン、医療機関で施術を行うことができます。専用の器機を用いて、光を照射し、メラニンを刺激して脱毛する方法です。特徴としては、最も痛みの少ない脱毛方法という事です。照射の出力が弱いため、肌への負担も少ないく、美肌効果もあると言われています。通う頻度は、2、3カ月に一度で、1~2年で脱毛が完了します。料金も針脱毛、レーザー脱毛より安価です。ただ、脱毛効果という点では、針脱毛やレーザー脱毛に比べて低いと言えます。

<レーザー脱毛>

医療機関でのみ施術ができます。レーザー脱毛では、医療用の器機を使い、光脱毛よりも高い出力で光を照射するので、永久脱毛の効果も光脱毛より高いと言えます。基本的に施術箇所には毛が生えてきません。通う頻度は、2、3カ月に一度で5~6回程度で脱毛が完了します。光脱毛に比べて痛みを伴いますが、麻酔クリームなどを塗って痛みを緩和することもできます。医療機関で行うので、万が一トラブルが起きた時にも、医師にアフターケアをしてもらえるというのが安心な点です。

三種類の脱毛方法、それぞれの特徴を考慮して、予算、目的などをふまえ、検討してみましょう。
 

 - 豆知識